看護師の論文、作文はどうやって書く?

小論文の書き方を覚えよう!

 

テーマに何が来ても対応出きる型を覚える

説や戯曲などの芸術的な書き方は別として、意見や理論を相手に伝えるための文章には書き方があります。主張が何であれ、構造は一緒なので、使い回しがききます。

一、 意見、主張を提示する。

二、 提示した理由を述べる

三、 提示した理由の根拠を示す。

四、 結論を出す

以上です。

 

説得力のある文章構成の例

護師の世界だろうが、一般ビジネスの世界であろうが、題材が違うだけで説得力のある文章の書き方は一緒です。ビジネスの世界で模範とされている上の書き方は、世界中のトップビジネスマンに採用されている文章作法です。決して難しい話ではありません。

一、 サッカーは人気のあるスポーツだ(主張)→何で?

二、 世界中に競技人口がいるから(理由)→本当に?

三、 サッカーワールドカップの参加国は、オリンピックの参加国よりも多い(根拠)→だから何なの?

四、 サッカーは人気がある(結論)

 この形が説得力を持った文章の書き方の基本形です。

 

具体的根拠の引き出しを増やす努力を

見を主張し、その理由を述べ、述べた理由の具体的な根拠を示す際、具体的な根拠の引き出しがたくさん必要になります。根拠となる具体例が多いほど、説得力も増します。看護師国家試験の受験勉強も、具体例の材料になります。一見無味乾燥とした暗記事項でも小論文、作文の根拠を示す材料になると思えば、やりがいもあります。大切に暗記作業に取り組んでください。


転職をするときにも、もしかしたら採用試験で、小論文などの試験があるかもしれません。

看護師の転職に関する情報をこちらでたくさんコンテンツを用意していますので、ぜひご覧ください。


このブログ記事について

このページは、たつやが2014年3月27日 17:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「視力低下のそのわけ」です。

次のブログ記事は「看護師生活...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。