隠し子

とある歌舞伎役者さんに隠し子がいます。本人も認めている。
その時のインタビュー内容がなんともたんたんとしていて面白い。

妊娠を知らされた時、彼は「あ、そうですか」といったと。
(あ、これで分かっちゃった??)
なんともたんたんと。
それでもちゃんと認知をし、養育費も支払っているとか。
正妻が出来て子供がいますが、ちゃんと「あなたたちにはきょうだいがいます」と言っているとか?
父である團○郎は「まあ頑張りなさい。君がきちんとやればそれでいいのではないか」と言い、
協力を惜しまなかったと伝えられています。

歌舞伎の世界では隠し子の存在はそれほど珍しくはないもの。
とはいえ、女の子でよかった(!)。

隠し子といわれていますが、その時に結婚していたら隠し子ではなくなっていた、、
ではどうして結婚しなかったのか。
お家柄といわれています。
どんな家柄ならよかったというのか。
まったくこのあたりは一般人には理解できないところですねー。
ともあれ、皆子供はすくすくと育っているようで、よかったです。

このブログ記事について

このページは、たつやが2017年4月 1日 06:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アトピー」です。

次のブログ記事は「都会人はー。。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。